日本で初めて飛行機が飛んだ日

1910年12月19日、代々木練兵場において、日本初の動力飛行が成功しました。
栄誉に輝いたのは、アンリ・ファルマン駆る徳川好敏でした。
同じく挑戦したのは日野熊蔵のハンス・グラーデ。
両人は12月14日から挑戦を続けていたが、19日、先に飛んだのは日野のほうでした。
それはジャンプ程度であり、記録が計測されず、午後からエンジンの調子が回復し
快調に飛んだ徳川の記録となったのでした。
徳川好敏はその後も日本の航空界に君臨し、対する日野熊蔵は軍部から左遷されました。

トップ画像は、私がこの2機を模型化するきっかけになった本です。
読み比べてみると面白い。どちらの人物も魅力的です。

まずはアンリ・ファルマンの取材から始めました。
入間基地に実機があるのです!

ハンス・グラーデは、ドイツ博物館等に協力要請しましたが、
当時の図面は残っていないとのこと。

そこで、復元機が展示されている、岐阜かかみがはら航空宇宙に向かいました。
こちらのミュージアムショップでは当社製品を販売しているので、
挨拶と展示品の点検を兼ねて。

それにしても、
この復元機はどんな資料を使って作られたのでしょう?

この冊子は20年前に、自動車のテクニカルアート(精密画)で著名な猪本義弘さんから
当社に贈られたもの。
この中に、かかみがはらに展示されているハンス・グラーデの製作記録があります。
やはり完全な図面を入手できなかったとあります。

アンリ・ファルマンもハンス・グラーデも、これまでプラモデル化されることは
ほとんどなかったでしょう。
エアロベースらしい製品だと思います。

そこで!
この2機をセット特別価格で提供します。
本日のみのサービスです。数に限りがありますので、ご興味のある方はお早めに 公式ストアで!
(完売しました)